【EAP】EC担当者の業務負荷をファッションAIが劇的に削減!ニューロープ社との業務提携によりインスタ投稿するだけでアプリ内にショップを自動構築

【EAP】EC担当者の業務負荷をファッションAIが劇的に削減!ニューロープ社との業務提携によりインスタ投稿するだけでアプリ内にショップを自動構築

高品質のスマホアプリが最短1週間で開発できる「EAP(イーエーピー)」を展開する株式会社ランチェスターは、ファッションに特化したAI「#CBK scnnr(カブキスキャナー)」を展開する株式会社ニューロープ(本社:東京都渋谷区 代表取締役:酒井聡)との提携を開始しました。

EAPで構築されたアプリに人工知能を搭載することで、これまで困難だった有機的なユーザー体験を提供するとともに、アプリ運用担当者の業務負荷を大きく削減することができます。

「EAP」サービス紹介サイト:https://e-ap.jp
「#CBK scnnr」サービス紹介サイト:https://scnnr.cubki.jp/

【提携の概要】


ショップ店員がコーディネートをインスタグラムや通販サイト上で発信するといった、スナップのコンテンツ活用が様々なブランドにおいて定着しています。
「通販サイト内の売上の39.5%がスナップコンテンツ経由」という実績(※)に見られるように、ユーザーにもそのコンテンツが実際に求められています。
一方でこのコンテンツ制作には手間がかかり、またスナップ掲載の商品が売り切れることでせっかく制作したコンテンツの消費期限まで切れてしまうというオペレーション上の課題を抱えています。

EAPは、コマースやニュースフィード、会員証などの機能を備えたアプリをブランドが簡単に構築できるモバイルアプリプラットフォームです。上記のトレンドを受けて、この中でスナップコンテンツを積極展開するブランドも少なくありません。
EAPはブランドの担当者がSNSにスナップを投稿した際に、これをアプリにも自動連携することで、SNSとアプリの両方に投稿する手間を省いてきました。
更にファッション領域に特化した人工知能「#CBK scnnr」を導入することで、このスナップ(コーディネートスナップ、商品画像など)を解析し、スナップと商品情報を自動で紐付けることが可能になります。
例えばショップ店員がインスタグラムにスナップを投稿するだけで、アプリ内にスナップを展開し、そこからユーザーが買いものをすることができるようになります。

また#CBK scnnrはECサイトの在庫情報と連動しており、売り切れた商品は自動で非表示にする機能が備わっています。このとき、代わりに類似商品を表示することができます。
ブランドは商品在庫に左右されずにコンテンツを長く活用できます。
ユーザーは気に入ったスナップを見つけたときに、在庫が切れていても落胆する必要はありません。似寄りの商品からディテールや価格などを比較して、自分の好みに合った商品を選ぶことができるようになります。

#CBK scnnrと提携しているモバイルアプリプラットフォームは現時点ではEAPに限られます。
(※)※STAFF START 2017年10月 〜 2018年9月実績より http://www.staff-start.com/

 

【ご活用例】

例1:コーディネートスナップへの掲載商品・類似商品表示
キラーコンテンツであるコーディネートスナップ掲載ページに#CBK scnnrを導入することで、商品の紐付け作業などを行うことなく、通販サイトへの導線を自動で設けることができます。
例2:商品カタログや購入履歴への着こなしレコメンド表示
アプリ内の商品詳細ページや、購入履歴ページに#CBK scnnrを導入することで、その商品に対して、AIによるスタイリング提案ができます。
商品購入を検討しているユーザーに「そのトップスにはこのボトムスが合いますよ」と店員さながらのおすすめでコーデ買いを促したり、購入履歴から「先日お買上げいただいたジャケットにはこのバッグが合います」とパーソナル・マーケティングを打ったりできます。

【株式会社ランチェスター 代表取締役 田代 健太郎のコメント】
テクノロジーの進化が新しい顧客体験を後押しする一方、それらを一社で加速させるのは困難な状況も生まれています。我々のようなベンチャーの提携は、市場の要求に対して解決策を提示できる強力な手段です。
ニューロープさんとの提携はまさにテクノロジーで課題を解決し、社会にインパクトを与える取り組みを加速させます。

【株式会社ニューロープ 代表取締役 酒井 聡氏のコメント】
ファッション領域におけるユーザーやブランドの課題はスタイリング、サイズ、在庫、好みなど本当に多岐に渡っていて、1社単独のサービスで解決することは困難です。
今回のようにファッションに特化した企業やベンチャー同士が連携することで、ファッションは着実により楽しく豊かなものになっていくものと信じています。

【EAPとは】

EAPはブランドとファンのよりよい関係〈Engagement〉を支えるために厳選した機能と、洗練されたUIを備えたモバイルアプリの開発・運営ができる新しいプラットフォームです。
高いカスタマイズ性によりブランドの世界観を表現でき、社内外に点在するデータやコンテンツを集約、最適化し、コミュニケーションの質を高められる設計となっています。
パタゴニア様、バロックジャパン様など、多くのファッションブランドのアプリ構築にご利用いただいています。
「EAP」サービス紹介サイト:https://e-ap.jp

 

【#CBK scnnrとは】

ファッション領域に特化したニューロープは、スナップを解析して言語化できるAI、スタイリングを提案するAIなどを自社開発し、『#CBK scnnr』として展開しています。
具体的には、スナップを基点に検索のできる画像検索機能、ファッション記事をメディアから集めてEC内にコンテンツを生成するメディアコマース、商品への自動タグ付けしてリンクを生成するSEO施策、コーディネートに基づくリコメンデーションなどを提供しています。
アダストリア様、ルミネ様など、多くの通販サイトでご利用いただいています。
「#CBK scnnr」サービス紹介サイト:https://scnnr.cubki.jp/


【プレスリリース】PDF版(1.09MB)
本件に関するお問い合わせは、お問い合わせフォームよりお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加