シンプル、だけど優秀。アプリ専用管理機能あり〼
PICK UP POST

シンプル、だけど優秀。アプリ専用管理機能あり〼

こんにちは!ゆうこです。

アプリ成功の鍵を握るのは、リリース後の運用にあるといっても過言ではありません。
EAPでは、スピーディかつ積極的な運用が行えるよう、アプリ専用管理画面を用意しています。もちろん、標準機能としてご利用いただくことが可能です。

今回は、こっそり自信作!のEAP管理画面でできることをまとめてご紹介します。

ダッシュボード機能

管理画面のトップに、Googleデータスタジオをつかったダッシュボード機能を標準でご用意しています。


EAPはGoogleAnalytics計測機能を標準搭載しているのですが、ダッシュボードを見れば、GoogleAnalyticsに詳しくない方でも、デイリーで確認が必要な情報をまとめてチェックできます。標準ダッシュボードでは結果にこだわるEAPオススメのチェック項目をひとまとめにしていますが、こんな数値を追いたい!というリクエストに応じたカスタマイズももちろん可能です。

詳しくはこちらのブログでご紹介しています。
GoogleデータスタジオでEAPのダッシュボード機能を作りました | 株式会社ランチェスター

アプリで配信するコンテンツの管理

アプリで配信するコンテンツをまとめて管理できます。アプリの機能により異なりますが、たとえば

  • ニュース
  • アプリ内で表示するバナー
  • クーポン
  • 店舗情報

などを、管理画面で作成・登録・編集することができます。

店舗情報の更新など、地味だけど結構頻繁で、それなのに開発側でないと更新ができなかったりするアプリも少なくないのでは。EAPの管理画面なら、運営担当が自身で簡単に更新が可能です。

コンテンツの公開・配信条件設定&ポップアップ・プッシュ通知管理

ちょっと強引にまとめましたが、つまりは「個々のユーザーに合わせたコミュニケーションが管理画面からできちゃうよ!」という機能です。

EAPのアプリ上で、初回登録時や利用中に取得する

  • 年齢
  • 性別
  • 居住地(都道府県)
  • 会員ランク(会員証機能のあるアプリの場合)
  • お気に入り店舗

などの属性情報からターゲットを絞り込むこともできますし、

これまでのカスタマイズ事例として、外部システムとの連携によるセグメンテーションや自動配信も実現しています。

事例1:既存CRMとの連携

EAPと、すでにお持ちだったCRMを連携。
CRM上の属性情報からセグメントし、会員IDを抽出して、EAP管理画面のCSVインポート機能で特定ユーザーに対してコンテンツやプッシュ通知を配信。

事例2既存MAツールとの連携

EAPと、すでに利用されていたMAツールを連携。
ユーザーのアクションに応じて、これまでメールで配信していたお知らせを、EAPアプリのプッシュ通知として自動的に配信

詳しくはこちらのブログでご紹介しています
EAPのPush通知機能は結構すごい | 株式会社ランチェスター


アプリ運営のご担当者様に日々使っていただくことになる管理画面に、どんな機能があれば使いやすいのか?効果的な運営のサポートにつながるのか?
EAPの管理画面には、これまで多くの企業様へ、アプリ・Web開発支援を行ってきた中で培った知見が詰まっています。

「毎日の運用で、こんなことに困っていて」など、小さなことでもぜひお聞かせください!

TAG

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ゆうこ
PR ゆうこ yuko

ランチェスター唯一の事務スタッフです。PR担当として、EAPをはじめとしたランチェスターの情報を発信していきます。2歳男児のママとしても日々奮闘中。