何度もログインさせられるアプリはイヤだ

何度もログインさせられるアプリはイヤだ

最近、誰に何をどこまで話したかとんと覚えていられなくなり、そのせいで篠キチに同じ話を何度も聞かされて迷惑している人が続出しているんじゃないかと心配なんですが、篠キチのほうはというと誰に何の話をされたのかもとんと覚えていられなくなったので、毎度新鮮な反応で驚きと感動を味わえてお得な気分を満喫しております。

 

こんなアプリはイヤだ

弊社のEAPの事例にはオムニチャネル系のアプリがいくつかあり、その場合はECサイトがアプリのメニューとして用意されています。

世の中にはそういうアプリはもう山ほどあるんですが、実際に使っているときにこんな経験をされたことはないでしょうか?

「さっきアプリで会員登録してログインしたのに、ECで購入しようと思ったらまたログインさせられた(怒)」

同じ話を何度も聞かされるのは普通はイヤだと思いますが、同じアカウントを何度も入力させられるのも結構イヤなものです。人の話をすぐ忘れる篠キチも、アプリで何度もログインさせられるのは結構イヤです。

 

アプリとWebサイトは別の世界…と言われても

アプリ上で表示しているECサイトは単にWebページを表示しているだけというパターンが多いですが、この手の場合にこういうことがよく起きます。アプリの機能のように表示しているものの、実際はアプリ内に組み込まれたただのブラウザですから。それは同じに見えてももはや別の世界なわけです。

まあ、アプリ内のブラウザでECサイトを開くときに、魔法と区別がつかないくらい高度に発達したテクノロジーを駆使して自動でログインしてくれればいいんですが、基本的にWebページを表示しているだけでアプリとは別の世界の話。サイト側はページがアプリで表示されてるかどうかなんて知ったことではなく、普通にブラウザで見てる人と区別しないので、あくまでログインは「ユーザーが画面上でIDとパスワードを手入力する」ことが大前提となっているわけです。だからもう1度ログインさせられるハメに。

でも使っている立場としては「アプリとWebサイトは別ですから」とか言う話こそどうでもいいことで、アプリの中でECサイトまでつながっているのに(そう見えるように作られているのに)、再度ログイン操作をさせられるのはストレスでしかありません。それだけならいいですが、さっきアカウント情報入れたのにまた聞かれると、何かおかしなサービスが情報を盗もうとしてるんじゃないか? と不審がる方もいるかもしれません。

いずれにしろユーザーはログインした後に、自身が明示的にログアウトしたわけでもないのに再度アカウント入力を求められることにはストレスだけでなく違和感も覚えるわけです。銀行アプリで高額な振込操作をする場合とか、納得できる理由つきでよほど丁寧なアナウンスをしないと、不親切・不誠実なサービスと思われても仕方ありません。

 

自動でログインする仕組みはある

「アプリ内のブラウザでECサイトを開くときに自動でログインしてくれればいい」と書きましたが、これを実現する仕組みはあります。シングルサインオンなどと呼ばれる仕組みがECサイトに用意されていれば、アプリ側がそれを利用して連携させてあげるだけで自動でログインさせられるようになり、以降はECサイトで再ログインするようなこともなく、快適にアプリを使うことができるようになります。他にも連携させる方法はありますし、それは魔法と区別がつかなくなるほど高度なテクノロジーというわけでもありません。

ただ、連携させるにはどうしても開発が必要になります。方式も色々あるので、案件毎のカスタマイズ開発になってしまいがちです。ECサイト側との調整も必要ですしアプリ側が工夫しないと実現が難しい場合もあったりして、地味なわりにはちょっと敷居が高い機能開発になるのかもしれません。「できません」と断言してしまう開発会社さんやアプリのソリューションもあると思います。

そんなこんなで、意外とないがしろにされていると思われるこの機能。ほんとにそんな扱いでいいんでしょうか。

 

それでも絶対にやるべき理由

篠キチがアプリのプランニングを担当するとき、この機能の実装はかなり強くお勧めするようにしています。

1つめはここまで書いたように、いわゆるUX的な観点でお客様視点に立ったとき、アプリとしての使いやすさやサービスとしての誠実さを提供できるメリットが大きいという点。

もう1つは、今回ECサイトを例に挙げて書いてますが、例えばアプリに届いた商品の紹介記事を見たり、お気に入り商品が値下げされたことをPush通知で見たお客様が、そのあと購入に至る(またはカートに入れる) までストレス無くスムーズにアプリ内で目的を達せられるかどうかは売上に直結する部分だからです。

これはECサイトを組み込んだアプリであれば最も気を使わなくてはいけないことで、ここをないがしろにしてはECアプリを作る意味がないと思うからです。お客様が「買いたい!」 と盛り上がった気持ちを途中で冷めさせてしまうようなログイン画面の差し込みは、篠キチ的にはあり得ない妥協なのです。

サイト側にこの機能がなかったら、まずその追加開発を優先して連携すべき。それぐらい重要だと考えています。

 

EAPには豊富な実装事例があります

この機能、篠キチが毎回こだわるだけあってEAPではすでにいくつものサイトとカスタマイズ連携した実績があります。実際に弊社で開発させていただいたパタゴニア公式モバイルアプリシェルターパスは自動でECサイトにログインできる仕組みになっていて、快適にアプリを使うことが可能です。

アプリ側でかなり頑張って実現した例もあるので、他社でできないと言われた場合でもぜひお問い合わせください。必要であればサイト側との仕様調整からきっちりお手伝いさせていただきます。

 

それにしてもいらすとやさん、フリー素材として今回も使わせていただきましたが大変重宝しております。いつもありがとうございます。あとTOPの画像はぱくたそさんのフリー素材を使わせていただきました。

TAG

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
篠キチ
Planner 篠キチ shinokichi

約3年半にわたり君臨したランチェスター最年長の座を譲り、今はただの猫・鉄道・Perfume好きな不惑おじさん。好きなスタバオーダーはクワットロベンティノーホイップソイホワイトモカ。