レジでの声がけは最強のダウンロード施策
PICK UP POST

レジでの声がけは最強のダウンロード施策

アプリ開発をしていると必ず「ダウンロードをどうやって増やせばいいですか?」というご質問をいただきます。

広告やキャンペーンなどの施策も考えられますが、店舗アプリ、会員証アプリ、オムニチャネルアプリと言われるお店での活用を前提としたアプリでは、お店、特にレジでの声がけが最も強力なダウンロード施策です。

ただ、レジ周りの混雑は避けたいし、ただでさえ店員さんは忙しいのに仕事を増やしてしまっては元も子もありません。

アプリを検索して、ダウンロードして、メアドを入力して、登録したメアドにメールが飛んできて、URLをクリックして、クリックするとブラウザが立ち上がって、再度アプリを起動して、、

とてもじゃないけど、オススメする気がなくなりますよね。

インストールするだけで、すぐに使えるアプリ

EAPではアプリをインストールすると自動でID/PINが採番される匿名IDという方式をとっています。
この仕組みであれば、インストールするだけで自動的に会員化されレジが混雑する心配が激減します。

バロックジャパンさんのシェルターパスではこの方式と店頭での声がけで着実にダウンロードを増やしています。

※シェルターパスではID/PINではなく、ユーザーIDと確認コードとよんでいます。
ただし、この仕組にもひとつ欠点があります。
自動採番されたID/PINをちゃんと控えずに、端末を変更したり、アプリをアンインストールしてしまったりすることでポイントが消滅してしまうことがあるのです。

そんなときでもあとから復元できるように、ECやSNSのアカウントを紐づけたり、一定の個人情報を登録しておくことで、管理機能からID/PINを検索することが可能にするなどの対策が取れます。

店舗アプリ成功の第一歩はお店でのダウンロード促進です。
EAPの匿名IDを利用して、インストールを上手にオススメしてはいかがでしょうか。

TAG

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
たしろ
代表取締役 たしろ ta4ken

高校時代はプロ野球選手、大学時代はパスプロといずれも自分の腕で食っていける職業を目指すも挫折。懲りずに社会人ではエンジニアとして独立を目指すも、自分の技術よりエンジニアが働きやすい会社をつくることに目標を変更。現在の仕事は経営とおいまわし。