2017年仕事納め

2017年仕事納め

早いもので2017年も本日で仕事納め。
嬉しいことが沢山、しんどいことがちょっとだけの1年でした。

では先にしんどかったことから。
ずばりAndroidエンジニアの相次ぐ退社。
これはマジで辛かったです。

退社までの間に他のメンバーも含めて様々な話をしましたが、コミュニケーション不足が本質的な原因だと思っています。高い授業料ではありましたが、組織を拡大していく上では、未来につながる重要な学びになったと信じています。

嬉しかったことのなかからは2つだけピックアップします。

1つ目はやはりEAPのリリース。
対外的な面はもちろんですが、それ以上にひとつの目標に向かって全社で走る軸ができたことで社内のメンバーに変化が生まれてきています。マネージャー陣を中心に自分で目標をたて走ることのできるメンバーが増えてきており、とても頼もしく感じています。

もちろん、各方面からの反響もあり、事業としての手応えも感じています。

2つ目は12月に佐藤が取締役に昇進したこと。
まだ、オフィスがアパートだった時に中途で入社してくれ、様々な案件や苦しみを一緒に経験してきたメンバーの中から、内部昇進で取締役を指名できたことを本当に嬉しく思っています。
案件のPMをやりながら、人事、採用をこなしてくれ、最近ではEAPのプロダクトマネージャーとして、メンバー率いてくれています。

佐藤さん、おめでとう!!
引き続きよろしく!!!

他にも基本的には人に関わる嬉しいことが多い一年でした。

2017年は今まで、バラバラにつくってきた歯車がピタッと噛み合い、回転し始めたのを感じた1年でした。まだまだ重い重い車輪が回り始めたたばかりで、歩みはゆっくりですが、着実に前に進み始めた実感があります。

最後に今年も多くの人に支えられ、充実した1年を送ることができました。
ランチェスターを支援くださった皆様に心から感謝しております。
ありがとうございました。

2018年が皆様にとって、そして、ランチェスターにとっても良い一年になることを心から祈っております。

TAG

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
たしろ
代表取締役 たしろ ta4ken

高校球児⇒バスプロ⇒エンジニアと自らの技術研鑽の日々から、チーム、プロダクト、3人の子供達を育てる人生に。 日々苦悩しながらも、楽しく生きてます。