より自由な働き方へ。 在宅勤務制度 スタート

より自由な働き方へ。 在宅勤務制度 スタート

ランチェスターでは今年4月から、在宅勤務制度をスタートしました。

これまでも、お子さんの看病など「やむを得ない場合には在宅での勤務もOK」としていたのですが、「自宅で集中して作業したい」「たまには通勤から解放されたい」「気分を変えてオフィス以外で開発したい」などの意見が増えてきたことから、より柔軟に利用できるルールに見直しました。

在宅勤務は月4日分を上限としています。
勤務時間は原則、オフィスでの勤務時間と同じフレックスタイムの間(8:00-19:00の8時間)ですが、半日単位で適用できるので「午前中は子供の学校の用事、午後は自宅で勤務」「朝一番だけ集中して仕事をして、午後はリフレッシュのため半休」といった使い方も可能です。

以前にもご紹介したとおり、開発用のマシンは元々全員がノートPCBacklogチャットワークをはじめ、クラウドサービスも積極的に導入しているため、1~3月の試験導入期間に利用したスタッフからの意見を聞いても、特に困るようなことはなかったようです。

完全裁量労働制や、無制限の在宅勤務制度を導入している企業も少なくない中、あえて「月4日分」「フレックスタイムの間」と制限を設けているのは、オフラインや、リアルタイムのコミュニケーションを大切に考えているから。
各自が割り当てられた分を開発して終了、ではなく、プロジェクトメンバー同士が日々顔を合わせて、意見を交わすアナログなやりとりが豊富なことも、ランチェスターの「よりよいものづくり」を支えている一因だと思っています。


ランチェスターについて、もっと詳しく知りたい!と興味を持ってくださった方、ぜひ一度遊びにきてみませんか?お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。
(採用へのご応募も大歓迎です!採用情報はこちら

TAG

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ゆうこ
PR ゆうこ yuko

ランチェスター唯一の事務スタッフです。PR担当として、EAPをはじめとしたランチェスターの情報を発信していきます。2歳男児のママとしても日々奮闘中。