社員インタビュー① iOSアプリ エンジニアの1日

社員インタビュー① iOSアプリ エンジニアの1日

ランチェスターの社員をご紹介。
第1回はiOSアプリを中心に開発しているエンジニアの高野さんです。

エンジニアの1日 1-1

【プロフィール】
1981年生まれ。大学卒業後、新卒入社した会社でテスターとして働いているうちに「自分でも作ってみたい」という思いが高まりエンジニアに。電車の運行管理システムなど、業務系システムを中心に開発経験を重ねる。
2015年5月にランチェスター入社。7月より「ことりっぷ」など、iOSアプリの開発を主に担当している。
(言語遍歴)
C#などWindows系→PHP,Ruby,Objective-C(プライベートで)→Objective-C,Swift


ランチェスターに入社したきっかけは?

前職までは、派遣など客先常駐での働き方が中心。いつどこに飛ばされるかわからない、という環境を変えたい、働き方を変えたいと思い、転職活動をはじめました。
4-5社受けた中でランチェスターを選んだ理由は、自社内開発できる環境であることはもちろん、実績にある案件が面白そうだったことや、自社サービスにゼロから携われるタイミングだったことが大きいです。
また面接で、評価制度や社内コミュニケーションについて質問したところ、明確な回答をいただけたところも、働く環境として魅力的だなと思いました。

現在の主な業務は?

ことりっぷ」や自社サービスのiOSアプリ開発を主に担当しています。Objective-CとSwiftを並行して使っています。入社するまで、Objective-Cでの開発はプライベートでしか経験がなかったのですが、この半年でだいぶ新しいスキルを身につけることができたと思っています。また、案件の状況によってはサーバサイド開発を担当することもあります。

ランチェスターで働いてみて、いかがですか?

質・量ともに、すごい仕事を与えられるな、とは思います(笑)。連日終電というような働き方にはならないのですが、積極的にライブラリを活用するなど、常にスピードを意識しながら開発を行っています。開発自体はとても自由にやらせてもらえるので、仕事をしていて楽しいです。
一方で、新しいツールを使うことに積極的なのはいいところだと思うのですが、コミュニケーションツールだけでもいくつかを使っていて、統一できていないところがすこし気になっています。

エンジニアとして、今最も興味があることは何ですか?

今はアプリ開発を専任でやらせてもらっているので、アプリ開発に関することは積極的に情報収集しています。
AWSで次々と出てきている新サービスも気になっています。最近使い始めた「APIgateway」は、APIの作成や管理が簡単にできるサービスなのですが、とっても有能!社内の開発環境も、クラウドでできることはできるだけ移行していきたいと思っています。
エンジニアの1日 1-2

今後の目標を教えて下さい

ランチェスターでは今、積極的に自社サービス開発に取り組んでいるのですが、サービスとしてはまだまだこれから。どんどん作っていきたいです。世の中に影響を与えられるようなサービスの開発ができたらいいな、と思っています。今開発中のサービスは開発部分を主に担当していますが、いずれは企画段階から一緒にやっていきたいです。

どんな人と一緒に働きたいですか?

和気あいあいとした雰囲気が魅力でもあるので、気軽に話しながら働けるような方がいいですね。


 

【iOSエンジニア・高野さんのある1日】

10:00

出社。近くのコンビニで朝ごはんを買ってから出社。

10:15

自社サービス開発チームのメンバーで朝会。その後、お昼まで開発。

13:00

お昼。会社の近くに日替わりで移動販売のお弁当屋さんが来るスペースがあり、最近よく行きます。

14:00

開発。

エンジニアの1日 1-3

17:00

社内のiOS開発チームのメンバーと「iOSプログラミングガイド」を読む会を週1回開催。

エンジニアの1日 1-4

18:00

プライベートの予定のため退社。普段は20:00頃まで仕事をすることが多いです。

TAG

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ゆうこ
PR ゆうこ yuko

ランチェスター唯一の事務スタッフです。PR担当として、EAPをはじめとしたランチェスターの情報を発信していきます。2歳男児のママとしても日々奮闘中。