チャリ通にオススメのアイテム 7選

チャリ通にオススメのアイテム 7選

社内

    ヤーマンD.

    ども…初ブログ

    はじめましてヤーマンアロハ

    入社して3ヵ月の元Web屋の便利屋ヤーマンD.です

    これまで、デザイナー→コーダー→ディレクター(プランナー)→フリーランスWebデザイナーメディアプランナー、と色々なスタンスで様々なWebのお仕事を経験してきましたが
    ランチェスターではアプリ開発が主軸ということもあり、新たに覚えることも多く、毎日勉強の日々です

    そんなランチェスターの採用面接で、一つ自分にとって重要な質問をさせてもらいました

    「自転車通勤は可能ですか」

    そう、自分はロードバイク歴10年、年間走行距離はおよそ10,000km前後、と
    競技にこそ参加しないまでも、ホビーライダーとしてはそこそこ重度のチャリヲタなのです

    そして、めでたくチャリ通も認められ(と言うか「なんで駄目なの?」的な感じだった)
    自転車も社内に停められ、フレックス制度も相まって、今では何不自由なく楽しいチャリ通ライフを満喫しています

    そんなチャリ通Dが自転車通勤に愛用しているグッズをいくつかご紹介します!

    1.ヘルメット・グローブ

    チャリ通でかぶると、どうしても「本気感」が出てしまって敬遠されがちですが
    最近はカジュアルで機能性の高いものもあるので、万が一の転倒時に頭や手のひらを守るためにも必ず装着すべきです

    2.アンダーキャップ

    モンベル ストレッチO.D.ワークキャップ

    ヘルメットを脱いだ時、高確率で穴の形に合わせて凸凹した奇抜な髪型になります
    そういう場合、下にキャップを被れば、髪型の乱れを防げ、見た目の「本気感」も薄れます

    自転車用には、頭の形にフィットする専用のサイクルキャップもあるのですが
    かっこいいかは頭の形と好みによるので、四角いワークキャップの方がおしゃれな気がします

    自分の愛用しているモンベルの物は、生地が薄く通気性も良いのでアンダーキャップとしておすすめです

    3.裾止めバンド

    自転車の右側にはチェーン駆動系があるので、普通のパンツだと裾が触れて汚れてしまいます
    そんな時、右足だけ裾をまくるか、マジックテープ式の裾止めバンドがあると安心です

    4.自転車用ズボンカバー ”fojite(フォジテ)”

    これは変わり種ですが、要するに「履く座布団」です
    クッション性はありませんが、サドルとパンツの間に挟んで、スルスル滑る用にできていて
    履くパンツを選ばず、傷み・破れを防いで長持ちさせてくれます

    5.モンベル ジオライン クールメッシュ VネックTシャツ & 汗拭きボディーシート

    チャリ通をすると、どうしても汗をかくので、会社に着いて着替えたとしても
    どうしても仕事中に汗の匂いで周りに迷惑を掛けてしまいがちです

    元々長期間の登山向けに開発されたモンベルの「ジオライン」には、汗臭さの元になるバクテリアの繁殖を抑える防臭機能があります。しかも効果は半永久的に続く(とか)
    クールメッシュはシリーズの中で最も薄く、軽く、通気性の高い製品なので
    真夏などはそのまま一枚で通勤して、ボディーシートで体を拭いてシャツを羽織るだけで済みます

    モンベルはコスパも素晴らしく、1シーズンで着潰しても余りあるのでこの夏におすすめです

    6.片耳を引きちぎったイヤホン(earPod)

    ネタに聞こえますが大マジメです
    自分は歴代のiPhone使いで、使わない付属のEarPodsが大量に余っています
    そこで、リモコンの付いていない左耳側を切り取って、自転車専用として残った右耳用を左耳に装着しています(ややこしい)
    自転車走行中のイヤホン装着については、自治体によって違反になる場合もありますが
    東京都の場合、「音がでかすぎず、周囲の音が聴き取れるなら良し」ととれますので

    右耳(自転車走行中の車道側)は空けておき、遮音性の高くないEarPodsから
    小さめの音量で流す分には問題なかろう、という自己判断で利用しています(現在まで咎められてはいません)

    仕事中に音楽を聴く時も、常に片耳は空けておくようにしているので、どのみちまったく不足はありません

    7.Satechi サテチ Bluetooth ボタンシリーズ (メディアボタン)

    と、言うことでこちらは要するに「BluetoothのiPhone用リモコンです」
    EarPodsにもリモコンは付いていますが、運転中に手をハンドルから離すことなくコントロールできるので非常に重宝しています

    と、言うわけで自転車通勤のおすすめグッズでした

    ここ数年、某アニメの人気もあり、チャリ同志が増えてきたな、と感じますが
    母数が増えた分、比例して神経を使う場面も多くなってきました

    ただでさえ自転車愛好家は、自動車からは煙たい目で見られがちなので
    同じ公道をシェアする身として、なるべく安心・安全を心がけて楽しみたいですね

    いつかそんな公道上のマナーについてもお話できればと思います
    それでは

    この記事はいかがでしたか?

    writer
    ヤーマンD.
    ヤーマンD.

    ディレクター

    Web屋から転職してきたディレクター 趣味はロードバイク(年間10,000km)

    関連記事

    ページトップへ