フレックスタイムを利用してミュシャ展に行った話

フレックスタイムを利用してミュシャ展に行った話

社内

以前フレックスタイムがよりフレックスに!で自転車通勤を始めたすがです。
暑いですね。
自転車が熱中症になりそうなので、大事に家の駐輪場にしまってあります。
みなさまもお気を付けください。

さて、会社いちフレックスタイムを利用していると自負していますが
今回は6/5で会期が終わったミュシャ展に行ってきました。
mucha2017_01

近くの国立新美術館では金曜日は20時まで延長しています(展示内容によります)。
そこで17時に退社し、ミュシャ展に行くことにしました。

国内でも知名度の高いミュシャ展とあって、すごい人です。
mucha2017_02

今回はスラヴ叙事詩というスラヴ人の歴史を描いた全20作です。
人が多いので説明を読むために近づいたり、離れたりが大変かと思い
いつもは借りない音声案内機も借りて鑑賞しました。

絵の説明や感想は他のサイトで探していただいたほうがいいと思うので割愛しますが
スラヴ叙事詩を観覧コースの最初に持ってきたことがすごい。
グラフィックデザイナーとして有名になった作品は中盤以降に配置することで
スラヴ民族の悲しい歴史背景を見てから見ると、
また違う作品に見えてくることに驚きました。

観覧に要した時間

入場待ち:1時間
観覧:2時間
お土産のレジ待ち:1時間
4時間たっぷり楽しみました。
mucha2017_03

今後も、仕事もオフも時間いっぱい楽しみたいと思います。

この記事はいかがでしたか?

writer
すが

笑って人生を終えることを目標に、30代に突入してからバスケ、スノボ、ダイビング、登山、自転車旅行、温泉、旅行、野球観戦(順不同)をはじめ、時間って有限だなぁとしみじみ考えています。

関連記事

ページトップへ