乗り鉄で復興支援! 南阿蘇鉄道に乗ってきた

乗り鉄で復興支援! 南阿蘇鉄道に乗ってきた

らぼろぐ

篠キチ

先日、社員旅行で熊本に行ってきました

熊本といえば昨年の地震で甚大な被害が発生し、熊本城をはじめ至る所でまだまだ復興作業の真っ只中です。篠キチも少しでも復興支援になればと、行く先々で賢明な支援活動を行ってきました。

18446985_10208481499347739_2460012039807001374_n IMG_4251 IMG_1594 IMG_1640DSC_0017 18422309_10208485017515691_4999707022759500245_o

ゲフッ

さて、あんまり業務とは関係ないですが、今回は復興に向けて頑張っている、ある鉄道の話です。僕を含め4人で社員旅行2日目にその鉄道に乗ってきました。

 

復興半ばの南阿蘇鉄道

阿蘇山のふもとを走る南阿蘇鉄道も地震によって大きな被害を受けています。先日発表された調査結果によると全線復旧には少なくとも5年、65億~70億の費用を要するとの試算がされています。(駅員さんの話では調査にも2億かかったとか…)

そのため2017年5月現在乗ることができるのは途中駅の中松から終点の高森までの約7kmの区間のみ。日本一長い駅名で知られる『南阿蘇水の生まれる里白水高原』駅も営業休止されたままです。

IMG_4175

復旧している区間も信号などの設備が壊れてしまっているため、僕みたいなオールド鉄道ファンにしかわからない『タブレット』を使った運用が暫定的に行われています。これはこれで萌えますが。

IMG_4182

 

被災したローカル線の厳しい状況

僕は先日、東日本大震災で甚大な被害を受けた女川地区に列車で行ってきました。女川も駅前はきれいに整備されたものの、すぐ近くの漁港の周辺などはまだまだ復旧作業が続いている状況です。

IMG_4060 IMG_4063 IMG_4065 IMG_4067

その道中、女川に至る石巻線や仙石線は復旧しましたが、石巻線の途中から分岐して南三陸地域を通る気仙沼線、さらにそこから北上して陸前高田を経由する大船渡線は鉄道による復旧はほぼなくなり、線路を舗装してバス専用レーンとして利用するBRT(バス高速輸送システム)へ置き換えられました。

かつて岩手県にあって、あまりの運行本数の少なさから乗り鉄泣かせとして知られていたJR岩泉線も、土砂崩れによる脱線事故発生から数年運休が続いたのち、復旧を断念し廃止されています。(関連記事

既存の設備を使い続けられる限りにおいてはローカル線の維持も可能なんでしょうが、ひとたび災害に見舞われて復旧に数十億という話が出ると、そこまでして鉄道として復旧させる意味はあるのか? という議論になってしまい、バスへの転換や廃止という結論になりがちです。

 

観光列車として十分楽しい!

南阿蘇鉄道も同じような状況に陥っています。70億の費用をかけて鉄道として復旧すべきなのか、という話は今後も議論が続けられると思います。

しかし、南阿蘇鉄道は復旧に向けての取り組みがアツい! 復興支援とかそういうことを抜きにして、単純に乗って楽しい観光鉄道として力いっぱい運営されています。普通に観光としていく価値ありです。

まず僕たちは中松駅の駐車場に車を止めて、高森までマンガよせがきトレインに乗ってきました。

ganbare_kumamoto IMG_4146

IMG_4147

名だたるマンガ家の復興応援よせがきイラストが車内外を埋め尽くしており、なんというかもう窓が開けられない状態に。

IMG_4151 IMG_4152 IMG_4153 IMG_4154

この日はほぼ僕たちによる貸切状態だったんですが、道中は運転手さんがポイントごとに速度を落としたりしながら詳しくガイドしてくれて、とても楽しく乗ることができます。

楽しい時間はあっという間、10分強で終点の高森駅に着くと、駅もマンガ家さんたちの応援イラストで埋め尽くされています。

IMG_4133 IMG_4134 IMG_4135 IMG_4136 IMG_4137 IMG_4138

他にも様々な応援メッセージが。

IMG_4169 IMG_4170 IMG_4171 IMG_4174

帰りはお待ちかねのトロッコ列車。予約が必要ですが、常時満席だったGW中とは違い観光客も少なめだったため座席は無事確保できました。

IMG_4163

トロッコ列車は車掌さんが同乗して、こちらも道中通してガイドしてくれます。運転手さんのガイドとはまた違った内容になっていて、往復それぞれ楽しめました。

 

南阿蘇鉄道に乗りに行こう!

いまのところ、南阿蘇鉄道と接続している豊肥本線も運休しているため、路線が孤立していて鉄道で来ることはできません。

基本的に陸路で辿り着かないといけないんですが、高森駅前には無料の広い駐車場があります。僕らが車を止めた中松駅にも駐車場はありますが、限りがあるので高森駅を目指すのがおすすめです。

トロッコの車掌さんが自虐的に「みなさんのご乗車で復興が30cmくらい進みました!」と言ってましたが、こんな形でできる復興支援もいいんじゃないかと思い、若干場違いではありますが紹介してみました。

他にもさまざまな応援方法があります。詳しくは公式の南阿蘇鉄道応援サイトで。篠キチも個人的に応援続けたいと思います。

でも、やっぱり鉄道は乗ってナンボですし、ほんとに楽しい観光列車なので、熊本や大分など周辺に行かれる予定のある方は、ぜひ乗ってみて欲しいです。

運行中の沿線にもKIRIN 午後の紅茶のCM撮影にも使われた見晴台駅や、カフェが併設された駅、白川水源など見どころが多いですよ。その他のおすすめスポットはことりっぷアプリ[勝手にPR]で探そう!

IMG_4197

この記事はいかがでしたか?

writer
篠キチ
篠キチ

プランナー

社会人生活の半分くらいを新規事業やサービスの立ち上げに費やしてるうちに、人生が半分終わってしまった不惑の最年長。猫好き、鉄道好き優遇。好きなスタバオーダーはクワットロベンティキャラメルソイラテ。

関連記事

ページトップへ