VMwareより5倍遅いとウワサのVirtualBoxに5が出たので試してみた

VMwareより5倍遅いとウワサのVirtualBoxに5が出たので試してみた

らぼろぐ

篠キチ

こんにちは。VirtualBox大好きっ娘の篠キチです(おっさん)。

 

VirtualBox 待望のバージョンアップ

みなさんVirtualBoxにVer5が出ましたよ! …3ヶ月以上前に(白目

大好きとか言ってんならもっと早く気づけよ、全然待望してねえじゃんって話ですが、VirtualBox起動したときに新しいバージョンがあるかどうか自動でチェックしにいく仕組みがあるのに、それ経由で通知されたのつい最近だよ。しかも既にVer5.0.8だった。教えろよVirtualBox! 何事も報・連・相だよ、ホウ・レン・ソウ! 相談されても困るけど。

まあ、安定版じゃなかったから案内されなかったんだと思うことにします。

 

パフォーマンス検証

というわけで、VirtualBoxが4から5になって速くなったりしたのか、3ヶ月以上遅れの速報してみたいと思います。

以前、仮想マシンのイメージをVMWareのVMDK形式のままにしてるのと、VirtualBox用のVDI形式にした場合でパフォーマンスに差があるか調べてみたことがありますが、あんな感じでVirtualBox4と5の差を調べてみます。

今回検証に使った環境も前回とほぼ同じでこんな感じ

  • 仮想マシンイメージのOSがWindows7(32bit)、IDE接続でメモリは512MB、1CPU
  • ホストPCのスペックはMid2013の13インチ MacBook Airで。1.3GHzのCore i5、メモリ8GB

MacのOSは時代にあわせてEl Capitanの最新版(10.11.1)です。SSDでディスクの読み書きのパフォーマンスはもともとかなり速いです。これも前回同様。

今回はCrystal Disk Markでディスクのパフォーマンスを見つつ、ちょっと懐かしい感じですがCrystal Mark 2004で総合的な数値も見てみることにしました。

結果はこんな感じ。

VirtualBox 4

VirtualBox4 DiskBench VirtualBox4 Bench

 

VirtualBox 5

VirtualBox5 DiskBench VirtualBox5 Bench

全体的に10%くらいの性能向上かな。VirtualBoxもVer5ともなるとこなれちゃってて、そんな劇的には変わらないですね。まあ、こんなもんかなという感じがします。

 

VirtualBoxはVMWareの5倍遅い?

最近こんなQiita記事を見かけました。

VirtualBoxはVMwareの5倍遅いのか改めて検証してみた

そもそも1年くらい前に書かれた「ScalaのコンパイルはVirtualBox環境だと5倍時間がかかる」というQiita記事が発端らしいんですが、5倍遅いとか言われるとVirtualBox大好きっ娘(おっさん)としては気になってしまいます。

そこでVirtualBoxの4と5の比較に使ったのと同じ仮想マシンを、VMWareFusionの最新バージョン(8.0.2) 評価版がダウンロードできたのでそれを使って検証してみました。

 

VMWare Fusion 8

VMWareFusion8 DiskBench VMWareFusion8 Bench

ハードディスクの読み書きがめちゃ速い! やるな、VMWare Fusion。他の性能は大きく変わりませんが、ハードディスク性能には明らかに差があります。

元記事のScalaのコンパイルに関しては僕はよくわかりませんが、一般的にコンパイルで細かいファイルの読み書きが頻繁に発生するという状況はありそうなので、だとすればコンパイル速度がディスク性能にかなり引っ張られてしまう可能性は高いと思います。

僕も以前はVMWare Fusionを使っていましたが、通常の使い方でVMWare FusionとVirtualBoxに5倍の性能差を感じるようなことはありませんでした。Scalaコンパイルの足を引っ張っているのはディスク性能の差と言えそうな気がします。

 

Paravirtualization!

パラバーチャライゼーション!

…いきなり呪文のような単語の登場ですが、VirtualBox 5の新機能の目玉と言ってもいいのが準仮想化(Paravirtualization) 対応です。これまでのVirtualBoxはコンピュータのハードウェアを丸ごとエミュレーションする完全仮想化が基本でしたが、5から準仮想化対応が行われ仮想マシンの性能向上を狙っています。その選択肢としてHyper-VやKVMなど見慣れたものが用意されています。

Paravirtualization Menu

そう、我らがVirtualBox 5はまだ本気出してなかったのです!(設定し忘れたわけではない

 

というわけで今回検証しているのはWindowsなので、もともとLegacyが選択されていたところをHyper-Vを選択し、ついでに描画部分の2D、3DアクセラレーションがどっちもOFFになっていたので、これもONにして再検証してみます。

 

VirtualBox 5 (Hyper-V)

VirtualBox5 DiskBench (HyperV) VirtualBox5 Bench (HyperV)

なんかCPU周りがHyper-Vにする前より下がってるような気がしないでもないですが、ディスクの性能は上がってますね。VMWareFusion 8とのシーケンシャルリード・ライトの差は大きいですが、コンパイル時はランダムアクセス性能のほうが重要だと思うので、差はだいぶ縮まってるんじゃないかという気がします。

 

5倍遅いかどうか検証した方も書かれてますが、たぶんこれくらいであれば差がついても2倍行くかどうかというあたりじゃないかと思います。であれば、VMWare Fusionじゃないとダメってとこまでにはならない感じがしますし、最近はSSDも安いのでいっそディスクを入れ替えたほうが幸せになったりするんじゃないかと思ったりもします。

 

っていうか、個人的に気になるのは描画のパフォーマンスの差なんですけどね。VMWare Fusionのほうが5倍以上遅い感じしますけどどうなんでしょ(ドヤ顔

この記事はいかがでしたか?

writer
篠キチ
篠キチ

プランナー

社会人生活の半分くらいを新規事業やサービスの立ち上げに費やしてるうちに、人生が半分終わってしまった不惑の最年長。猫好き、鉄道好き優遇。好きなスタバオーダーはクワットロベンティキャラメルソイラテ。

関連記事

ページトップへ