クイックアクションでiOSアプリにショートカットを追加

クイックアクションでiOSアプリにショートカットを追加

らぼろぐ

たしろ

早速iPhone 6sを入手したので、3D touchを使ってみました。
3D Touchの説明はアップルのサイトや深津さんの記事がわかりやすいので、そちらを御覧ください。

■apppleの公式情報
http://www.apple.com/jp/iphone-6s/3d-touch/
■深津さんの記事
http://japanese.engadget.com/2015/09/24/iphone-6s-3d-touch-fladdict-ui/

3Dtouchは慣れるまではちょっと時間がかかりそうな気がしますが、「クイックアクション」は簡単につかえて便利だなと感じました。
で、「クイックアクション」が何かというと PCの右クリックのような感じでアプリアイコンを軽くタップした後、ぐっと押し込むとポップアップがたちあがるという機能です。

12047777_1072622222792380_493315650_n

写真系アプリだとカメラ機能へのショートカットを、会員証やチケット系のアプリはバーコードをすぐに表示するなんて使い方がすでに実装されています。
ショートカットの中にQRコードを表示するなんてことができれば(実装可能かは未調査)、アプリを起動せずに会員証のバーコードを表示して、スキャンするなんてこともできそうです。

実装はこれから調査する必要がありますが比較的容易に導入できるのではないかと予想しています。
問題はカスタマイズがどこまで出来るかですね。

現状はアップル標準アプリやWeChat等、少数のアプリしか対応していないので、ユーザーが「クイックアクション」を認知するまでの時間は結構掛かりそうな気がします。
ただ、アドオン機能なのでとりあえずつけてみるで行けそうなのは魅力ですね。

この記事はいかがでしたか?

writer
たしろ
たしろ

代表取締役

高校時代はプロ野球選手、大学時代はパスプロといずれも自分の腕で食っていける職業を目指すも挫折。懲りずに社会人ではエンジニアとして独立を目指すも、自分の技術よりエンジニアが働きやすい会社をつくることに目標を変更。現在の仕事は経営とおいまわし。

関連記事

ページトップへ